ヘルスケアのトピックス解説~薬剤師の目線から~

医療・ヘルスケア関連の難しいニュースやトピックスを薬剤師の目線からなるべく一般の方にわかりやすく解説していきたいと思います!

ブロッコリーがうつを抑制!? 買い占める前にちゃんと記事を読もう!

f:id:pharmacist_sato:20201207190424j:plain

みなさんブロッコリーは好きですか?
私は若干苦手です(笑)

 

本日は、Yahoo!ニュースで、こんな題名の記事を見つけました!
『ブロッコリーがうつを抑制との研究結果 カギは含有物質のスルフォラファン』

 

この題名だけ見ると、コロナ禍で落ち込んだ気分もよくなるのでは!?
そんな風に思って、ブロッコリーを買い占める人がでるのではと、
私は心配してしまいます。

 

このニュースをもとに、医療系ニュースの見方のポイントを、解説します。

 

 

1.まずはじっくりニュースを読んでみよう!

まずは、こちらのリンクからニュース記事を読んでみてください!

 

news.yahoo.co.jp

 

いかがですか? 今すぐスーパーに行って、ブロッコリーを買い占めますか?
ちょっと待ってください! このブログを最後まで読んでから決めても、
遅くはないと思います!

 

2.人間に対しての研究か?

まず、医療系のニュースのポイントとして、記事に書かれている内容が
動物実験の話なのか、人間に対しての研究の話なのかを調べましょう。

 

このニュースでは、ちゃんと記載されていました。

研究の中では、スルフォラファン入りのエサを与えたマウスに、炎症を引き起こす物質を与えるとどうなるかも調べた。するとそのマウスは、うつ様行動を取らなかった。

 

また、思春期のマウスにスルフォラファンを与えると、成人期になって炎症を引き起こす物質を与えても、うつ様行動を取らなかった。

 

この記事は、マウスでの動物実験の結果、うつ症状を抑制したと言っています。
では、すべての動物実験の結果が、人間にそのまま当てはまるのでしょうか?
残念ながら答えは『No』です。

 

人間とその他の動物は、体の構造や、体の中で働くタンパク質など、
同じものもあれば、違うものもあります。
そのため、動物実験の結果は、人間でも同じ結果が得られるかもしれない!
と推察するのには重要な手掛かりになりますが、やはり、人間での研究結果がないと、
『人間がブロッコリーを食べるとうつを抑制する』とは、残念ながら言い切れません。

だからこのニュースには、よく見ると、人間のうつに対してブロッコリーが効く!
とは一言も書いていないんですね。(誤解させる表現はありますが。)

 

3.実験に使ったのはブロッコリーなのか?

もう一点気を付けてください。
この記事では『スルフォラファン入りのエサを与えた』と記載されています。

 

マウスはブロッコリーを食べたわけではないのですね。
ブロッコリーの成分の一つである、『スルフォラファン』を食べたようです。

 

なんだ、同じことじゃないか?!
と思われるかもしれませんが、『スルフォラファン』をどのくらい与えたか、
それは、ブロッコリーに換算すると、どのくらいの量なのか分かりません・・・。

 

今から焦ってブロッコリーを買い占めて、一回どのくらいブロッコリーを食べますか?
この記事からは全くヒントがありません・・・。

 

4.まとめ

今回のニュースから、以下のことが分かったと思います。

  • 動物実験の場合、そのまま人間にあてはめられるとは限らない。
  • 摂取したのが、食物そのものか、成分を抽出したものか、よく確認する。

最後に、このブログでは、この研究を決して批判していません。
今後、この研究をもとにして、人間が通常食べる量のブロッコリーで、
うつ症状が抑制されることが、証明されるかもしれません。

 

そうなれば、薬などに頼らず、健康的な生活が送れることになります。
そんな未来の研究結果を期待して、今回は終了します!