ヘルスケアのトピックス解説~薬剤師の目線から~

医療・ヘルスケア関連の難しいニュースやトピックスを薬剤師の目線からなるべく一般の方にわかりやすく解説していきたいと思います!

消毒用アルコールスプレーで火事?! 冬は使い方に注意しよう!

 

f:id:pharmacist_sato:20201126220755j:plain

新型コロナウイルスの感染予防として、
3密回避、手指の消毒、マスクの着用の徹底が重要であることは、周知の事実です。

 

これから冬を迎えるにあたり、3密回避のための、換気をどうするかなど
ワイドショーでも話題になるっていると思いますが、
これとは別に、薬剤師として、気を付けてほしいことがあるんです!

 

手指の消毒に使う、『消毒用アルコール』の取り扱いについてです。
この消毒用アルコールは、燃えます!

 

こちらの動画をご覧ください。


【nite-ps】石油ストーブ「12.近くでアルコール消毒液を使用して引火」

 

こちらの動画は、独立行政法人 製品評価技術基盤機構が
2020年11月26日に消毒用アルコールによる、火災の危険を
注意喚起するために公開された動画です。

 

こちらの動画は、当然ながら安全に配慮した状態で実施しているので、
火災には至っていませんが、もしご家庭で、ストーブの近くに
燃えやすいものが置いてあったら、火災の原因になりえることは
この動画を見ていただいて分かったと思います。

 

今まで、家庭で消毒用アルコールを使う機会がなかった人は、
使い方に慣れていなかったと思うので、特に注意が必要です。

 

こちらは石油ストーブを例にしていますが、次は東京消防庁が作成した
消毒用アルコールに関する、注意喚起の動画を2つ紹介したいと思います。

 


消毒用アルコールによる火災の危険性①

 

一つ目の動画は、消毒用アルコールで、消毒した直後に、たばこの火を
着けようとした場面を再現しています。

 

動画では安全のため、火がついても手を怪我しない手袋を着けていますが、
たばこを吸う人にとっては、衝撃的な動画だったのではないでしょうか?

 

次の動画は、消毒用アルコールの性質を紹介した動画です。

 


消毒用アルコールによる火災の危険性②

 

よくキャンプに行く方はご存知かもしれませんが、
アルコールは引火しても、炎が見えにくいです。でもしっかり燃えています。
見えないからと言って、熱くないわけではないんです。
この性質のせいで、引火に気づかず、他のものに火が移ってしまう原因になるのです。

 

これらの、動画を見て、消毒用アルコールは危ないから使わない!
とはならないで欲しいです。
消毒用アルコールは、感染予防対策に有効な手段です。
性質を理解して、正しく使ってほしいと思っています。


消毒用アルコールを使うときは、以下を徹底してください。

  • 火気の近くを避けること
  • 使用直後に火気を使用しないこと
  • 直射日光が当たる場所や、高温になる場所に保管しないこと

これらをしっかり理解して、正しく感染予防に努めてください!
できれば、この内容を周りの人に教えていただいて、
この冬の防火対策になればいいと思っています!