ヘルスケアのトピックス解説~薬剤師の目線から~

医療・ヘルスケア関連の難しいニュースやトピックスを薬剤師の目線からなるべく一般の方にわかりやすく解説していきたいと思います!

医療体制『崩壊の危機』 コロナ禍で何が起きるのか?

f:id:pharmacist_sato:20201125210746j:plain

『医療崩壊』 このことが意味していることは何でしょう?
コロナウイルスの治療ができなくなること・・・。だけではないんです。

 

本日は『医療崩壊』がどんなことを意味するのか、その一部を紹介したいと思います。

 

 

1.新型コロナウイルス治療の受け入れ先がなくなる

まずは、こちらのニュースをご覧ください。

news.yahoo.co.jp

日本医師会の中川俊男会長は25日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの新規感染者の増加が続いている状況に関し、「医療提供体制が崩壊の危機に直面している」との認識を示した。 

『医療崩壊』といっても、なかなか、現実のものとして、
実感することは、今までなかったと思いますが、
一部の地域では、現実の問題として、直面していることを理解しましょう。

 

もちろん、『医療崩壊』が起きれば、新型コロナウイルスに対して
十分な医療が提供できず、医療が受けられないことをきっかけに、
爆発的に感染者数が増え、助かる命が、助けられなくなることが懸念されます。

 

こちらの記事では、イタリアでの『医療崩壊』の危機について、伝えています。

www.businessinsider.jp

 

この記事を要約すると、以下の通りです。

  • イタリアでは、COVID-19パンデミックの第2波を迎えている
  • 診療待ちの車内で、酸素吸入を行う病院がある
  • 病院のトイレで死亡した患者が発見される

このような事態は、絶対に避けなければなりません。

 

2.他の医療への影響は?

基のニュース記事ではこんな記載もありました。

「新型コロナ患者を受け入れるため、他の疾患の患者受け入れが困難になりつつある」と訴えた。 

特に設備の整った大病院では、新型コロナウイルスに対する治療に、
人員や設備を増員することで、当然他の治療は後に回されることになりかねません。

 

では、具体的にどんなことが起こるのでしょうか?
こちらは、その一例を紹介した記事です。

 

news.yahoo.co.jp

 

たとえば悪性度の高い乳がんでは、1カ月の延期により100人に1人がそのために死亡する、と計算されたのです。 

 

今、日本で現実に悪性度の高いがんの治療が、後回しになるという
事例があるかは、定かではないですが、これも、助けられる命が助けられなくなる、
こんなことが、現実に起こるかもしれません。

 

次に、海外の論文を紹介します。

jamanetwork.com

こちらの論文では、アメリカの退役軍人病院の入院患者数を調べたところ、
新型コロナウイルス流行後は、新型コロナウイルス以外の病気での
入院者数が減っていたという結果を報告しています。

 

当然、新型コロナウイルスが流行しても、心筋梗塞や脳梗塞などの
入院が必要な病気が減るとは考えられません。具体的な理由は分かりませんが、
少なくとも、必要な医療が受けられない人がいることが想像できます。

 

3.私たちにできること

『医療崩壊』を防ぐため、『医療崩壊』が起こるとどうなるのか、
一例を紹介しましたが、実際はもっと多くの問題が発生します。
私たちがこれまで深く考えず、受けることのできた医療が、今危機に瀕しています。

 

新型コロナウイルスによる『医療崩壊』を防ぐことは、
新型コロナウイルス以外の病気から、私たちの命を守ることにも直結します。
国や地方自治体も色々と、対策を検討していますが、対応の遅れが否めません。

 

だからこそ、私たちにできることをやりましょう!
個々でできる感染予防の徹底です!
手指の消毒、マスクの着用、3密を避けるという基本的な対策!
しっかりできているか、見直してみましょう。