ヘルスケアのトピックス解説~薬剤師の目線から~

医療・ヘルスケア関連の難しいニュースやトピックスを薬剤師の目線からなるべく一般の方にわかりやすく解説していきたいと思います!

日本医師会 会長の言葉『エビデンスはなかなかはっきりしないが、』の意味を解説

f:id:pharmacist_sato:20201118222238j:plain


大変残念なことに、新型コロナウイルスの陽性者数が増えています。

 

11月18日午後9時半時点で、
1日の新規の陽性者数は 2202人となり、過去最多となりました。

 

こういった状況を受けて、日本医師会の会長が会見を行いました。
今回は、この内容をもとに、ニュースの見方を解説したいと思います。

 


1.会見の内容について

本日の、会見の内容は、ネットニュースを見ていただくのが、早いと思います。
その記事がこちらです。

 

news.yahoo.co.jp

 

この中で以下の発言に、首をひねった方が多いのではないでしょうか。

 

中川氏は感染拡大とトラベル事業との関連性を問われ、「『Go To トラベル』自体から感染者が急増したというエビデンス(根拠)はなかなかはっきりしないが、きっかけになったことは間違いないと私は思っている。感染者が増えたタイミングを考えると関与は十分しているだろう」と話した。

 

エビデンスはなかなかはっきりしないが・・・。
いや、明らかにGoToトラベルの影響じゃないか! 
と思われる方もいらっしゃると思います。

 

では、このエビデンスとは何のことを言っているのでしょうか?

 

2.『エビデンス』って何のこと?

 

陽性者数の増加の原因と考えられる理由を、色々な意見を列挙してみました。

  • 冬になって、気温が下がり、湿度も下がったため。
  • 各々の、感染対策に対する意識が薄れてきた(コロナにな慣れてきた)ため。
  • 経済活性化の対策で、人の交流・移動が増えたため。

Go To トラベルは、このうちの3つめになりますね。
じゃあ、Go To トラベルを実施しなければ、陽性者数は増えなかったのでしょうか?

この問いに答えられる人は、いないはずです。

 

Go To トラベルを実施したら、陽性者数が増えたけど、
Go To トラベルを実施しなかったら、陽性者数が減りました!


こんな比較ができれば、Go To トラベルが陽性者数が増えた原因だと特定できますが、
Go To トラベルを実施しなかった状況を、これからどんなに頑張っても
経験することができないため、直接比較はできないのです。

 

医療では、この上記のように、比較をした結果をエビデンス(根拠)として
より適切な、判断ができるように活用します。

 

でも、今回の新型コロナウイルスの陽性者数に、Go To トラベルが関係するか、
直接比較ができないことが、『エビデンス(根拠)はなかなかはっきりしないが、
という、発言の背景にあると理解してもらえればと思います。

 

3.『きっかけになった』ってどういうこと?

 

きっかけになったことは間違いないと私は思っている。』についても
以下の2つの仮定をもとに、解説したいと思います。
(※ この仮定は、どちらが真実は分からないことを、前提としてください。)

 

仮定①:
Go To トラベルを利用した人が、旅先で羽目を外して、感染症対策が今までより
甘くなってしまった結果が、陽性者数を増加させている。

 

 きっかけ:Go To トラベル
 原 因 :感染症対策のゆるみ

 

仮定②:
今までの感染症対策は、実はあまり意味がなかったけど、人と人との交流が減った
ことにより、陽性者数が増えていなかったが、Go To トラベルを実施したために
人と人との交流が増えたため、陽性者数が増えた。

 

 きっかけ:Go To トラベル
 原 因 :人と人との交流

 
どちらが、真実だとしてもGo To トラベルが、『きっかけ』と考えられる訳です。

 

4.最後に

 

色々と、仮定をもとに話してきましたが、感染拡大予防のため、
個人でできることは限られています。
それは、自分が感染しないよう頑張ることです!

 

感染対策は油断せず、3密を避ける、マスクをする、
アルコールで消毒するなど、基本的な対策を徹底しましょう!