ヘルスケアのトピックス解説~薬剤師の目線から~

医療・ヘルスケア関連の難しいニュースやトピックスを薬剤師の目線からなるべく一般の方にわかりやすく解説していきたいと思います!

冬に恋しい鍋料理。ダイエットで気を付ける3つのポイント!

今週のお題「鍋」

f:id:pharmacist_sato:20201117191833j:plain

 

寒くなってくると、鍋を食べて体を温めながら、少々お酒を楽しんで・・・。
至福の時間ですよね! 私は一人の時でも鍋を楽しんでいます。

 

ネットやSNSの情報で、『鍋はダイエットに最適!』というのもあれば
『鍋食べ過ぎて翌日体重増えてた・・・。』なんていうものもありますよね。

 

太りたくはないけど、どうしても鍋を食べたい!という場合、
どういった点に注意すればよいか、考えていきたいと思います。

 

 

1.塩分を抑えよう!

選ぶ鍋の種類によっては、塩分過多になることがあります。
厚生労働省から、健康な日本人の成人男女が、当面目標とすべき1日の食塩摂取量は、
男性が7.5g未満女性が6.5g未満とされています。

 

↓ 厚生労働省の報告書がこちらです。https://www.mhlw.go.jp/content/10904750/000586553.pdf


少し古い情報ですが、各企業の鍋の素の塩分量が、載っているサイトを見つけました。

www.mealtime.jp

 

ばらつきがあるので、比べにくいですが、塩分を気にするなら、
よりシンプルな鍋がよさそうです。
上記サイトでは、キムチ鍋は今人気ですが、少し塩分が高い傾向にあるようです。
一方、シンプルな寄せ鍋など、出汁をメインにした鍋は塩分が低い傾向ですね!

 

塩分を過剰に摂取すると、体のむくみの原因となったり、
食欲を増進させるのでダイエットの大敵です!
もちろん長期的には、高血圧の危険が高まるため、
冬、頻回で鍋を食べるなら鍋の種類には要注意です!

 

2.キノコをたくさん入れよう!

f:id:pharmacist_sato:20201117201857j:plain

具材にキノコを多く入れるのもおススメです!
キノコは低カロリーで食物繊維が多く、ダイエットに向いている食材です。

しかも、キノコにはうまみ成分である、グアニル酸グルタミン酸が含まれており、
うまく活用することで、塩分を控えても十分おいしく感じることができるのです。

 


3.〆の雑炊やうどんは・・・。代替商品でクリア!

鍋の〆で雑炊やうどんは欠かせない!
でも、ダイエット中は糖質は極力抑えたいところ。
心に鞭を打って諦めてください!!!

 

でも、どうしても〆を食べたい!という場合は、しらたきを麺代わりにするのも
ありですが、それよりも麺に近づけた商品があります。

 


 

 

こちらは、おからとこんにゃくで作っているので、糖質が0gです!!!
でも、鍋の〆の雰囲気を十分に与えてくれます。
中華めんに近い雰囲気の商品もあります。

 


 

 

ダイエット中はこれらを使って、鍋の〆も楽しみましょう!

 

 4.最後に!

体を温めて、野菜も豊富に取れて、豆腐や鶏肉を使えばタンパク質もとれる
鍋って、ちょっと気を付ければ、ダイエットの強い味方です!
寒い冬にうまく活用して、冬太りにならないように頑張りましょう!