ヘルスケアのトピックス解説~薬剤師の目線から~

医療・ヘルスケア関連の難しいニュースやトピックスを薬剤師の目線からなるべく一般の方にわかりやすく解説していきたいと思います!

新型コロナウイルスのワクチンの明るいニュースと課題

f:id:pharmacist_sato:20201111194942j:plain

 

ファイザー社のワクチンの治験で、良好な結果が得られたというニュースは、
皆さんご存知かと思います!
このニュースにより、株価に影響を与えるなど、期待の高さが伺えます。
私自身も非常に興味があり、色々と調べてみました。
その中で見えてきた課題について、まとめてみました。

1.マイナス70度以下での管理が必要!輸送・保管は大丈夫?

このワクチンは、RNAワクチンというジャンルに分類されます。
RNAってなんだ?という方は、多いのではないでしょうか。
ここでは詳細な説明は省きますが、簡単な概念としては以下の通りです。

 

DNA ⇒ RNA ⇒ タンパク質 ⇒ 人体

 

DNAは人体の設計図ですが、DNAが人体を作る途中の物質だと理解してください。

このRNAはとても不安定で、分解しやすいことが知られています。
そして低い温度で管理することで、分解しにくくなることが、知られています。

 

今回のファイザー社のワクチンは、マイナス70度で管理する必要があるとのことです。
マイナス70度での管理に関しては、こんな記事がありました。

 

news.yahoo.co.jp

 

この記事によると、マイナス70度以下で大量のワクチンを、輸送・保管する体制を
構築するのが大変だということです。


日本でも大規模な病院では、マイナス70度以下で保管できる冷凍庫を保有している
ところも多いですが、町の診療所などでは、そのような設備を保有していないことが
ほとんどです。

 

もちろん、マイナス70度以下で大量に輸送する方法も、考えなければなりません。
これらの課題を解決しないと、インフルエンザワクチンのように、
どこでも接種できるようにはならず、接種できる場所は、
大学病院などの、一部の病院に限られてしまいそうです。


それでは都市部では、接種が進んでも、それ以外の地域では接種できないなどの
問題が発生してしまいます。この問題は、政治が解決するしかなさそうです。

 

2.一回打ったら一生効き目があるの?

今回の試験の結果の詳細を、ファイザー社のHPから確認してみました。
全部英語ですが、参考にどうぞ。

www.pfizer.com

この内容からわかったことは、ワクチンを2回摂取した後の7日後では
90%を超える有効率を示したということです。

ということは、これ以降どのくらい有効な期間が続くかは、
今の時点では、分からないということです。

 

インフルエンザワクチンのように毎年接種が必要なのか、
もっと頻回に接種が必要なのか、1回接種すれば長い間効果が続くのか、
今の段階では不明です。さらなるデータの収集と解析が待たれます。

 

3.高齢者での効き目はどうなのか?

一般的に、ワクチンは高齢者になればなるほど、効きが悪くなることが多い。
先ほどのファイザー社のHPを確認しましたが、年齢による効き目の差については
特に記載されていませんでした。

 

新型コロナウイルスは、高齢者ほど重症化しやすいため、高齢者での効き目が
どうなのか、データが待たれるところです。

 

4.最後に

せっかくの明るい話題に対して、少しネガティブなことばかり記載してしまいました。
でも本当は私自身、このワクチンに期待しています!
だからこそ、見えてきた課題に対して、一つずつ対応が進めばいいなと思います。

 

早く、日常が戻り、大声でみんなで語り合える日々が来ることを期待しましょう!