ヘルスケアのトピックス解説~薬剤師の目線から~

医療・ヘルスケア関連の難しいニュースやトピックスを薬剤師の目線からなるべく一般の方にわかりやすく解説していきたいと思います!

【芸能人逮捕】アルコール依存症の恐怖

f:id:pharmacist_sato:20200923222534j:plain

 

2020年9月22日(火)、また驚くようなニュースが舞い込んできました。

 

news.yahoo.co.jp

 

今日の芸能ニュースでも、色々な人が意見を言っていましたね。

被疑者がアルコール依存症ではないかという話も話題になっていましたね。

私自身の見解も、かなり依存症が疑わしい状況であると思っています。

(ご本人とお話ししたわけではないので、あくまでも推測です。) 

 

では、アルコール依存症ってどんな病気なのでしょうか。

一言でいうと、

 毎日のようにお酒を飲んだ結果、脳がお酒に支配されてしまった状態です。

 

よく、依存症の話をすると、『意思が弱いからだ!』とか

『だらしないからそんな風になるんだ!』といった意見を、ちらほら耳にします。

 

アルコール依存症ではない方からすれば、そう思う気持ちもわかりますが、

アルコール依存症の人からすると、どうしても自分の力では抜け出せないのです。

こうしたギャップは、なかなか埋めることができません。

 

また、アルコール依存症と飲酒運転をしてしまうことは別問題だ!

といったコメンテーターもいました。でも、一度この記事を読んでみてください。

 

www.ask.or.jp

 

こういった形で、一度依存症になると、自分ではコントロールできず

しっかりとした治療を受ける必要があります。

治療に関しては以下を参考にしてください。

 

www.e-healthnet.mhlw.go.jp

 

上記は薬物治療について書かれていますが、

薬を飲めばお酒を再び飲めるわけではありません。

 

基本的には断酒です。でも今、依存症の人が、今日から一生断酒ですといわれ

積極的に治療に参加するでしょうか?

だから個人の力では治療に結びつけることすら大変なのです。

だから周囲の協力が不可欠なのです。

 

最後に・・・。

覚せい剤などの違法薬物は一度でも使ってしまうと

やめられなくなりますし、もちろん法律上も犯罪です。

 

アルコールはうまく付き合えば、人生を豊かにすることもできるし

もちろん法律上も、何ら問題ありません。

 

アルコール依存症にならないためにも、定期的に自分の飲酒習慣について

見直してみてください。

ページの最後にアルコール依存症の、チェックリストのリンクを張りますので

是非ご覧ください。そしてあなたの大切な人にも進めてください。

 

alcoholic-navi.jp